2014年03月07日

no-title

保険と一口に言っても生命保険や学資保険や自動車保険等があります。
自動車保険にはドライバー間の年齢による制限を設けることもでき、年齢が若いほど事故を起こしたり事故に合う確率が高くなるため、自動車保険の年齢制限等も、年齢が若いほど割高になるのが一般的です。
「自分の保障」を目的とする自動車保険の中の「人を対象とするもの」には、搭乗者障害保険、自損事故保険、無保険車障害保険、人身障害保険の4つが主なものとしてあります。
自動車保険の中の「相手への賠償」の保険の「人を対象とするもの」には、対人賠償保険という自動車保険があります。
自動車保険は、補償内容を自由に設計したり、いらない保険をはずしたりすることもできます。
「物を対象とするもの」としては、車両保険という自動車保険があります。
さらにその中には「人を対象とするもの」「物を対象とするもの」の二つがあります。
「物を対象とするもの」としては対物賠償保険という保険があります。
自動車保険とは様々な保険の組み合わせによって出来上がっています。
自動車保険は、車をドライバーであれば必ず関わってくる保険です。
自動車保険の中にある保険を大きくわけるとすると、「相手への賠償」「自分の保障」の二つがあります。
自動車保険とはその名の通り自動車に関わる保険の事を指します。
脂肪燃焼効果のあるサプリメントについて

保険 自動車をGoogle検索することが出来ます。


【関連する記事】
posted by protdaise at 03:00| Comment(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。